· 

入鹿窯のお香皿

2014年4月の皆既月食(日本では部分月食)の時に作った強烈な香を、熊野の山奥で仙人のように暮らす窯元に持って行った時のことです。
 
奥様がお香に火をつけてくださり、普通の灰皿の上に置いたのですが
「この高波動メダルの上でお香焚いてみたらどうだろう?」
と、窯元がお香を高波動メダルの上に置いたんです。
(高波動メダルとは、水や食べ物の味を良くしたりエネルギー値を高めたり、マイナスイオンが常に発生している怪しいやつです。詳しくは入鹿窯ホームページをご覧ください)
 
その日は他に5、6人ぐらいお客さんがお越しで、皆既月食の時に作ったヤバいお香の様子を窺っていました。
 
「あ、香りが変わったね」
「やさしくなった?」
「まろやかにかったかも」
 
と口々に仰るのです。

もちろん、佑天自身もその変化に驚き、氣がついたら
「お香皿をつくってください!」
と口走っていました。 
 
 
 
入鹿窯作品との出逢いは、熊野市内のお土産屋さんで、下の子を妊娠している時でした。
一見して普通のお皿や茶碗や湯呑みもあるのですが、全てゲルマニウムを含み、常にマイナスイオンが発生しているとのこと。
三重県の研究室が行った実験結果もあり、マイナスイオン検知器で計測してもマイナスイオンがちゃんと発生しているのです。
 
私が欲しかったのは、疲れにくくなるという陶器ペンダントでした。
妊娠中、車の運転もままならず、つわりも辛くてグッタリしていたので、そのペンダントで元氣になればいいなと思いました。
しかし、当時の旦那に反対され購入することが叶いませんでした。
 
結局、切迫早産で入院してしまい、下の子も早産で誕生しました。
産後も入鹿窯のペンダントが頭から離れず、内緒で購入しようかと思っていた矢先、旦那が窯元と出会うことになります。
 
西洋医学の看護師で、スピリチュアルや東洋医学的なことを受け入れ難かった旦那ですが、窯元がオーリングテストをしたことで入鹿窯の陶器の凄さを信じるようになりました。
 
以来、窯元とはずっとお付き合いがあり、熊野の父とも言える存在となっています。
 
 
念願叶って手に入れた高波動ペンダントを身につけると、車の運転が楽になり、畑仕事もバリバリこなせるようになりました。
(当時は直売所に野菜やハーブを出していました)
 
高波動メダルやペンダントで水や食べ物の味も変わるので、オーリングテストをしなくても解る人には判ります。電磁波を氣にしている友人や、波動転換といった怪しいことに理解のある知人に話しては、入鹿窯に連れて行きました。
 
(スピリチュアル的な意味の波動転換ではなく、科学的な波動転換です。波動転換の機械は20年以上前に世に出ており、私も持っていました)
 
 
 
入鹿窯のお香皿が完成したのは、すこし後になってからでした。
このサイズを作るのが意外と難しかったらしく、何度も何度も失敗し、窯場の裏には失敗したものが沢山捨てられていました。
 
試行錯誤の末に完成した最初のお香皿たちは即完売し、次のお香皿ができるまで1年以上かかりました。
というのも、『動』を焚いたら大口注文が入り、お香皿を作っている余裕が全く無かったからです(笑)
 
2度目、3度目のお香皿も即完売しました。
お香皿としての用途の他に、アクセサリーやパワーストーンなどを置いて浄化に使う人も増えてきました。
 
 
今回ご紹介するのは4度目のお香皿で、初めてニシキトベの土を中央に用いました。
素焼きの方がエネルギーが強いと判ったので、その部分は釉薬がかかっていません。(一部かかってしまったものがあります)
真ん中の白いポッチは企業秘密なのですが、たぶん隕石だと思います(笑)
もちろんゲルマニウムも使用しています。
電気釜で焼いています。
 
 
佑天ネットショップでご紹介できる数が少ないのですが、入鹿窯にはB品がありますので、B品でも良ければ入鹿窯にお問い合わせしてみてください。
B品といっても、職人的に氣に入らない!というもので、素人には判らないレベルです(笑)
(B品は完売しました!)
 
 
入鹿窯のホームページはありますが、とても古いので、直接電話するか、Facebookメッセンジャーでお問い合わせするのが良いかと思います。
現地に行ける方は、必ず予約をお願いします。
 
お問い合わせの際に、高野山でお香を作っている人に聞いたと添えてもらえると、安心して対応してくれます(笑)
 
 


入鹿窯

〒519-5412 三重県熊野市紀和町大栗須558
0597-97-0534


窯元 Facebook
大場邦昭